CHANEL元取締役 中川 保孝氏が語る、挑戦と共創の軌跡。vol.1

CHANEL元取締役 中川 保孝氏が語る、挑戦と共創の軌跡。vol.1

常識に囚われず、革新を起こし続けてきた一流たちのスピリットに触れるTAKANOME MAGAZINE。

今回話を聞いたのは、名だたるラグジュアリーブランドのマネージャーを経て、Mont Blanc社長、CHANEL元取締役を歴任された中川 保孝(なかがわ やすたか)氏。引退後の現在でも「ヒエラルキーのない組織」というユニークな視点を持ち、若手経営者を支援する取り組みを精力的に行うなど挑戦し続けている。組織のトップとしての信念、そして多くのラグジュアリーブランドを経験する中で培われた、文化への想いについて、鷹ノ目創業者である平野が伺った。

アメリカで知った、心のままに発言をするスピリット

鷹ノ目創業者 平野(以下 平野):中川さんは20代の時にアメリカに留学をされていますが、きっかけは何だったのでしょうか?

中川氏:実は僕、父が台湾人で、母が日本人なんです。大学4年生で研究室に入り、いろんな企業に履歴書を出したのですが、外国人だからどこも通りませんでした。80年代くらいのことですから、外国籍というだけで弾かれてしまうのが普通だったんです。

それだったらアメリカに行きたいと思いました。70年代はアメリカへの憧れが強かった時代でした。みんな自由な風土に魅せられていた。



平野:僕もアメリカに行っていた時代があります。外国に行くと自分の中に日本との比較対象ができると思うのですが、日本の常識が常識ではないと思った点はありましたか?

中川氏:日本だとこれを言ったらこう思われてしまうかなとか、相手を考えて忖度してしまうことが多いと思います。でもアメリカは、思っていることを自由に発言して意思疎通をする方が良い、という環境でした。

なので自分自身に囚われる必要はないし、心のままに発言して良いんだと学びました。

あとディベートの文化がすごく重要だと思いました。賛成であれ反対であれ、自分が振られた立場でディベートをす