ニコライ・バーグマン氏vol.02 揺るがない気持ちで進み続ける

ニコライ・バーグマン氏vol.02 揺るがない気持ちで進み続ける

常識に囚われず、革新を起こし続けてきた一流たちのスピリットに触れるTAKANOME MAGAZINE。

今回話を伺ったのは、黒い箱の蓋を開けると、鮮やかな花々がアレンジされている新しいフラワーギフトの形『フラワーボックス』で、フラワーデザイン界に新風を巻き起こしたフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン氏。フラワーショップの運営にとどまらず、フラワースクールでの指導やライブパフォーマンス、ファッションやデザイン界とのコラボレーション、ビジネスセミナーの講師やテレビCM出演と活動の幅を広げている。Vol.2では、大切にしている信念や今後の夢について伺った。

※前編はこちら


日本文化はもっと飛躍する

日本に住まいながら海外へもよく行き来しているニコライ・バーグマン氏。日本の印象についてこう話す。

「日本は本当に、どこに行っても食べ物がおいしいし、みなさん優しいし、街がキレイですよね。ゴミ箱が置かれていないのに、ゴミが落ちていないのは驚きです。そういう人間性や、誠実さは伝わっていて、僕が海外に行ったときに『日本に住んでいます』と話すと、羨ましがられることが多いですね。それくらい日本が好きな外国人は多いし、興味を持っている人もたくさんいます」。

言葉の壁が影響している部分があるとはいえ、海外の人は、日本人が思っているより何十倍もいいイメージを日本に対して持ってくれている。だから自分たちに自信を持って発信していけばいい。自らつながっていけば世界は広がる、とも話してくれた。

自ら発信し、形にしていく

幸いにして、15歳で夢見た道を、20年以上経った今も同じ想いを持って歩き続けているニコラ