日々進化し一流に選ばれ続ける仏磁器ベルナルド vol.02

日々進化し一流に選ばれ続ける仏磁器ベルナルド vol.02

常識に囚われず、革新を起こし続けてきた一流たちのスピリットを発信し、さらなる『文化の発展に貢献したい』との思いで立ち上がったTAKANOME MAGAZINE。
今回は、フランスのリモージュ磁器を代表するブランドであり、伝統の工芸技術を継承しながらも常に新しい磁器の技術を開発し、クリエイティブな感性が溢れるコレクションを発表し続けているBERNARDAUD(ベルナルド)。有名アーティストからも絶大な信頼を得て、コラボレーション作品も多数。その日本の販売拠点であるベルナルドジャパンの社長アーサー・ベルナルド氏にTAKANOME創業者平野が話を伺った。

前編はこちら

 

アーティストとのチャレンジと共に進化する

平野:長い歴史を経て今は食器やインテリアをはじめ、ファッションやアートも手掛けられて、新しいものを創る意欲がとても強いと感じています。クリエイティビティを大事にする精神が会社にあるということでしょうか。

ベルナルド氏:大事なのは、ベルナルドはテーブルウェアではなく磁器の会社だということ。クリエイターに磁器の紹介をすると、真っ白な磁器はキャンバスのようなもので、作品を作りたいという方が多くいますね。最近では、ストリートアーティストのジェイアールや現代アートの最高峰の一人、ジェフ・クーンズと一緒に作品を生み出しました。
アーティストを選ぶにはいろんな理由がありますが、知名度やアーティストのチャレンジ精神を見て選んでいます。逆にアーティストから作品作りを打診されることもあります。マーケティングから考えても、有名なアーティストやシェフ、建築家とコラボすることで新しいファンが増えると考えています。そして何より私自身が、チャレンジすることが大好き。どんどん新しいことに挑戦したいと思っています。