美しいものを求めて 一流メゾンともタッグを組む建築家・板坂諭が見据える、デザインの未来

美しいものを求めて 一流メゾンともタッグを組む建築家・板坂諭が見据える、デザインの未来

建築家でありながら、アーティストであり、デザイナーでもある板坂諭氏。

その活躍は日本にとどまらず、世界中から注目を集める存在だ。
自身が設計に携わった『LOW-NON-BAR』にて、胸の内に秘めたパッションを語ってもらった。

 

▲板坂諭・1978年生まれ。大学で建築を学び、卒業後は建築設計事務所勤務を経て、2012年に建築事務所『the design labo』を設立。建築のみならず、アート、プロダクトデザインといった領域でも注目を集めている。2012年に発表した照明『MUSHROOM LAMP』は国内外から高く評価され、サンフランシスコ近代美術館にパーマネントコレクションとして収蔵された。現在はフランス・エルメス社ともデザイン契約を結び、世界をフィールドに活躍している。

当たり前のことをしているだけ

 一つの肩書きにとどまらず、建築家、デザイナー、アーティストという顔を持つ板坂氏。日本を代表する企業のオフィスから個人宅の設計まで、はたまたウィットに飛んだアート作品を発表したり、国内外の家具メーカーなどでプロダクトデザインを担当するなど、その多才さは目を見張るものがある。

 「特殊なことをやっているつもりはないんです。僕自身は大学の建築学科を卒業後、建築設計事務所に就職したので建築しか知らないのですが、建築には多くのものが含まれていると捉えるとものの見方が変わってきますよね。僕の中では、空間であれ、家具であれ、たとえお皿一枚であっても建築家が自ら責任を持って監修することは当たり前なんです」。

 話を伺った『LOW-NON-BAR』は110年前に建設された駅舎をリノベーションした施設の一角に構えるノンアルコールバーだ