重力に抗う美しさ 気鋭の華道家・上野雄次が生み出す『花いけ』の世界

重力に抗う美しさ 気鋭の華道家・上野雄次が生み出す『花いけ』の世界

花をいけることは、自由で無限の広がりがある。

上野雄次氏の“花いけ”の世界に触れると、自然とそう思えてくる。

華道家として、静かに空間に佇む花をいける一方で、激しくときに破壊的なライブ・パフォーマンスでも知られる上野氏。この日、駒沢公園にほど近い、「ギャラリー櫟」(くぬぎ)で生け花の作品展示が行われていた。


▲上野雄次・1967年生まれ。1986年より華道を学び始め、2005年より「花いけ」のライブ・パフォーマンスを開始。コムアイ(水曜日のカンパネラ)や矢野顕子、ジェフ・ミルズなど、国内外のアーティストとのコラボレーションでも知られる。著書に花いけの勘どころ (誠文堂新光社)がある。

全ての人が持つ願望を「美」へ

今回はギャラリーと併設の伊佐ホームズのモデルハウス、3箇所に生け花が展示された。花と木の持つしなやかさ繊細さとダイナミックさが融合し、空間には酷暑を忘れさせるような静けさが漂う。

上野氏にこういった作品の生まれる背景を聞くと、より作品の味わいが深まっていく。

 

「生け花のヒントにしているのは山に行ったときに見た景色や、自分が感動したもの。例えば流木が川に積みあがって、1本だけ草が生えているのがかっこいいと思ったら、それを記憶しておいて、なぜ自分にとって感動するものだったのかというのを分析していく。それを自分の中に落とし込むと、景色を切り取って作品にできるようになってくるんです」