守るための変革。加賀友禅に新風を巻き起こす 太田正伸氏

守るための変革。加賀友禅に新風を巻き起こす 太田正伸氏

常識に囚われず、革新を起こし続けてきた一流たちのスピリットを発信し、さらなる『文化の発展に貢献したい』との思いで情報を発信するTAKANOME MAGAZINE 

石川県を中心に生産されている加賀友禅。一般には着物に用いられるが、スカーフや名刺入れ、スニーカーなどに友禅を施し、加賀友禅に新しい風を吹き込んだ人物がいる。友禅工房「文庵」の太田正伸氏だ。

 

 自然の美を写す加賀友禅

もち粉で作った糊でふちどり、隣り合った色が重ならないように防染をしてその中を染めていく友禅染。その名は、京都で活躍した扇絵師、宮崎友禅斎がこの技法を確立したことに由来する。

京都で広まった京友禅は、図案化した華麗な文様を組み合わせて描かれ、多色使いで金糸や金箔を用いて仕上げられるため豪華絢爛な印象のものが多い。一方、加賀友禅はスケッチした絵柄をもとにしているため、写実的な絵画調。藍色、臙脂(えんじ)色、黄土色、草色、古代紫の加賀五彩と呼ばれる色づかいが基調で、落ち着いた趣のある風合いだ。

また、京友禅はそれぞれの工程に職人がおり、分業でつくられるが、加賀友禅は企画、図案から染まで、一人の作家がすべての工程を取りまとめる。

 

太田氏に聞くと、「作家それぞれがスケッチをもとにオリジナルの文様を作り出すのが加賀友禅の最大の魅力」と言い、自身もオリジナルの文様にこだわる。風や光をイメージした流れを感じられるデザインと青や紫などのクールな色づかいが太田氏の作品の特徴だ。