酒ソムリエ・赤星慶太に聞く「鷹ノ目」の魅力を引き出す味わい方

酒ソムリエ・赤星慶太に聞く「鷹ノ目」の魅力を引き出す味わい方

長い歴史と伝統を誇るワインは、作り手のこだわりはもちろんのこと、できあがったワインを味わう際にも愛好家やソムリエなどのプロによって、より良い方法が模索され、進化してきた。

妥協を許さず作られている日本酒「鷹ノ目」もまた、その魅力を最大限に引き出すための味わい方を日々探求している。

そこで、今回はワインソムリエであり、唎酒師の資格を持つ酒ソムリエの赤星慶太氏に、保存方法や飲む際におすすめの温度、グラスの形など「鷹ノ目」をより楽しむために知っておきたいことをうかがった。

日本酒の奥深さはまずワインを知ることから

日本の若者世代はもちろんのこと、世界からフィーチャーされつつある日本酒。その背景にはワイン文化があることが大きいという。注ぎ方などの技法の前に、知識を持っておくだけで、味わい方が変わってくる。

「日本酒を学びたいといって僕の元を訪ねてくる方には、まずワインを勉強したほうがいいと伝えています。ワインの素晴らしさがわかれば日本酒の複雑さや奥深さがわかります。なぜかというと、数ある酒のなかでワインと日本酒だけは自然界でできる醸造酒なんです。ほかの蒸留酒などは、簡単に言うと人の手が加わっています。

面白いことに、ワイナリーを訪ねると日本酒の酒蔵と同じような香りを感じられるときがあります。原料は葡萄とお米で違うのですが、それが酵母の力です。ワイン酵母で日本酒を作ることも、その逆もできます。

そういった共通項を知ると、日本酒の問題点も見えてきます。

フランスではワイナリーが作りだした味を守るため『AOC(Appellati