人々を魅了した、日本料理と鷹ノ目のペアリング

人々を魅了した、日本料理と鷹ノ目のペアリング

静岡県の老舗料亭「浮月楼」と、「うまさ」のみを追求した日本酒 TAKANOMEは、美しい月を眺める日本独特の風習「十三夜」にちなんだイベント「観月会」を開催した。


当日は100名を超えるお客様がご来場。日本料理の粋を散りばめた特選懐石料理と日本酒「TAKANOME」が振る舞われた。その後、世界で活躍する文化人が共演し、奉納のパフォーマンスを披露。名月に見立てた金屏風に照らされた会場は、拍手に包まれた。

今回は「浮月楼」で料理長であり、観月会の特選懐石料理を手がけた藤村將義(ふじむらまさよし)氏に、弊社代表の平野が、「鷹ノ目」を飲んだ感想や料理とのペアリングについて伺う。

一流の料理人は革新的な日本酒である「鷹ノ目」を味わい、どんな料理を思い描いたのだろうか。

藤村將義:日本平ホテルにて修行を積んだ後、ホテルセンチュリー静岡副料理長や、旬輝料理長を経て、ハイアットリージェンシー東京日本料理・鮨・鉄板焼きの料理長を歴任し、2021年9月より、浮月楼の料理長に就任。

甘さの中にキレがある、今までとは違った日本酒だった

甘く飲みやすいお酒だと聞いていたけれど、飲んでみると全然そんなことはなかったと、藤村氏は語りはじめた。

藤村:「甘いといっても今までの甘口の日本酒とは、全くキレが違う。フルーティーでいて、後味がスッキリしているという印象でした」

そんな藤村氏の感想に、平野はこう応えた。

平野:「我々の『鷹ノ目』は、いろんな感じ方ができる日本酒です。ボディがジューシーで、途中