日本の伝統を継承し、革新を起こす。日本文化に携わる3人が見る未来

日本の伝統を継承し、革新を起こす。日本文化に携わる3人が見る未来

静岡県の老舗料亭「浮月楼」の観月会に、私たちForbulは「うまさ」のみを追求した最高品質の日本酒「鷹ノ目」を提供致しました。

当日は100名を超えるお客様がご来場。日本料理の粋を散りばめた特選懐石料理と日本酒「TAKANOME」が振る舞われました。その後、世界で活躍する文化人が共演し、奉納のパフォーマンスを披露。名月に見立てた金屏風に照らされた会場は、拍手に包まれました。


その席にて、お茶を振る舞ってくださった茶道家の井関 脩智(いせき のぶとし)さんと、花道家の辻 雄貴(つじ ゆうき)さんとForbul代表の平野が、今後の日本文化について対談いたしました。

井関 脩智:1946年東京の日本橋に生まれる。日本大学にて工業化学を専攻。東京都立工業奨励館にて高分子化学を研究する。三越文化センター裏千家茶道講師、青山塾舎茶花講師、日本橋高島屋セミナー茶道講師を務める。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』では華道・茶道指導を担当。現在「星岡」主催。京都芸術大学東京学舎講師。


辻 雄貴氏:1983年 静岡県出身。株式会社辻雄貴空間研究所代表取締役。 2013年、フランスにて「世阿弥生誕650年 観阿弥生誕680年記念 フェール城能公演」の舞台美術を手がける。 2015年静岡とフランス、カンヌとの文化交流事「シズオカ×カンヌ×映画祭」では、アーティスティックディレクターに就任。 2016年、ニューヨーク カーネギーホール主催公演にていけばなを披露。カーネギーホール史上初の華道家となりました。