古酒の第一人者 上野 伸弘氏に聞く「TAKANOME 海底熟成」の楽しみ方

古酒の第一人者 上野 伸弘氏に聞く「TAKANOME 海底熟成」の楽しみ方

波の振動によって熟成が進むと言われる海底。

TAKANOME 初の熟成コレクション「TAKANOME 海底熟成」は、静岡県は南伊豆に位置するヒリゾ浜の海底で熟成をさせた。
沈めた位置によって、波の振動の伝わり方が変わり、同じお酒でも絶妙に味わいが変化し、鷹ノ目は5つの味わいに進化した。

今回は古酒の第一人者であり、長期熟成酒BAR「酒茶論」のオーナー 上野 伸弘(うえの のぶひろ)氏に、「TAKANOME 海底熟成」を試飲していただいた。

 

▲上野伸弘 / 長期熟成酒BAR「酒茶論」オーナー。酒販会社「株式会社プレミアム・サケ・コンソーシアム」や、古酒熟成酒に日本酒の未来を描く蔵元が集まって設立された一般社団法人「刻(とき)SAKE協会」の常任理事を務めるなど『日本酒の新しい価値創造』をテーマに幅広く活躍する。

 

お酒が持っている様々な要素を探ることができるのが熟成の面白さ、魅力

昨今、ウイスキーが8000万円で落札されたり、シャンパン、ワインでも「熟成」というワードはよく聞くようになった。
では、熟成日本酒の楽しみ方や魅力はどこにあるのだろうか。

上野氏:熟成の目的は、味に奥行きと幅をつけることです。

新酒は、人間に例えると新入社員のようなもので、名刺を持って “僕、こういうものです” と全てをさらけ出してぶつけてくる。わかりやすいし、受け止めるだけでいい。
一方、熟成酒は経営者の如く懐が深く奥行きがあるので、一口、二口、三口と飲み進める毎に様々な要素の発見があり、その重層的な味わいの奥行きを探る楽しみを覚えて頂きたい。
1口1口、重層的に味が変わっていく。
1口目は甘さを感じたけど、2口目は渋みがあるな、など同じお酒でも感じ方に違いを見つけることができます。その変化の様子を楽しんでいただきたい。

普段のお酒、今回だったら「鷹ノ目」との比較も良いですし、お酒が持っているいろんな要素を探っていくことができるのが熟成の面白さ、魅力です。

 

非常に