千葉が誇る食材を徹底的に研究し、どこまでも味を突き詰める 千葉県・佐倉市「プレゼンテ スギ」

千葉が誇る食材を徹底的に研究し、どこまでも味を突き詰める 千葉県・佐倉市「プレゼンテ スギ」

千葉県佐倉市の郊外に、国内外の食通が愛してやまないレストランがある。
地元の食材をふんだんに用いた唯一無二の料理で多くの人を魅了する「プレゼンテ・スギ」だ。
並ぶのは、見るものを驚かせるアートのような一皿。この創造的でイマジナティブあふれる料理はいかに生み出されているのだろうか。
オーナーシェフ 杉岡憲敏(すぎおか・のりとし)氏に話を聞いた。

▲杉岡憲敏(すぎおか・のりとし) 調理専門学校卒業後、都内の有名店や、佐倉市「リストランテ カステッロ」で修業を積み、2016年「プレゼンテ・スギ」をオープン。「食べログアワード2021」では、シルバーを受賞。「ゴ・エ・ミヨ(Gault et Millau)2022」で3トックを獲得している。

 

今日より明日、進化し続ける店を目指して

 料理人を目指したのは、子どもの頃に「料理の鉄人」を見たことがきっかけだった。

「高級な食材が並んでいるのを見ておいしそうだな、料理人になればこんなすごいものが食べられるのかな、というとても単純な憧れの気持ちでした」

そこからは、料理人以外の道は考えずに調理の専門学校へ進んだ。
もともとパスタが好きで、イタリアンに興味があったが、料理人としては華やかなフランス料理を創りたいと思っていた。しかし、テレビで青山のイタリアン「エル・トゥーラ」で、イタリアンのコースを提供していると知り、フランス料理を超えるイタリアンが生み出せる可能性を感じた。