まるで生き物のように。そばに佇む漆芸 中田真裕氏

まるで生き物のように。そばに佇む漆芸 中田真裕氏

常識に囚われず、革新を起こし続けてきた一流たちのスピリットを発信し、さらなる『文化の発展に貢献したい』との思いで情報を発信するTAKANOME MAGAZINE。

今回は、漆芸の作品で世界的にも認められている中田真裕氏のアトリエを訪れた。

漆の木の樹液を器などに塗り重ねて、装飾をほどこす漆工芸。そのなかでも香川漆芸は、タイやミャンマーから伝わり、江戸末期に香川県で独自の発展を遂げた。ほかにはない「香川の3技法」が確立されているのが特徴だ。
中田氏はその技法のひとつである、刃物で彫った漆の表面に色漆を充填し、磨いて整える蒟醤(きんま)を主に用いた作品づくりを行っている。

1冊の本との出逢いが導いた運命

理系の大学を卒業後、製薬会社に就職。6年間働いていたが、誰がやっても同じ品質を求められる仕事に、自分がやる意味があるのかと疑問があった。65歳までという定年退職があることにも漠然とした怖さを感じていた。

それに加えて転勤が続き「一生続けられて、どこでもできる仕事はないか」といつしか考えるようになっていた。

そんななか香川県に引っ越すことになり、香川県のことを調べていた際に図書館でたまたま手に取ったのが香川漆芸の本だった。

「一行目に香川漆芸は篆刻(てんこく:石や木に印を彫ること)の技術から発展したとあって。書道を習っていたので、いつか篆刻をしたいという想いがあり運命を感じました」

さらに本を読み進めていくうちに漆のイメージがどんどん変わっていった。それまで黒や赤のイメージが強かったが、青やピンク、黄色とカラフルな色があることや、繊細なレリーフ模様の作品があることを知った。
「これはどうやって作るのだろうか、と考えるとものすごく興味がわ