ワインに人生を捧げる渋谷 康弘氏と語り合う、ワインと日本酒が創り出す文化

ワインに人生を捧げる渋谷 康弘氏と語り合う、ワインと日本酒が創り出す文化

常識に囚われず、革新を起こし続けてきた一流たちのスピリットに触れるTAKANOME MAGAZINE。

今回話を聞いたのは、ワイン輸入商社株式会社グランクリュ・ワインカンパニーの代表を務めている渋谷 康弘氏。まだ日本にソムリエという言葉がなかった時代からフランスでワインを学び、帰国後インターコンチネンタルホテルズのチーフ・ソムリエに就任した。その後もシャネルと仏三つ星シェフ、アラン・デュカスが提携したレストラン「ベージュアラン・デュカス東京」の初代総支配人や「ピエール・ガニェール・ア・東京」など、多くの有名レストランの総支配人を歴任。ワイン文化に貢献しつづけている。今回はそんな渋谷氏と鷹ノ目代表の平野が、それぞれの専門分野であるワインと日本酒の魅力や、そこから生み出されている文化について語り合った。 

なぜ数百万のワインが存在するのか。道なき道を行くワイン研究

鷹ノ目創業者 平野(以下 平野):ワインを仕事にしようと思ったのは、どうしてだったのでしょうか。

渋谷氏:きっかけは、当時日本で流行していたボジョレーヌーヴォーでした。勉強をしはじめたら、ワインには何十万円もするロマネコンティという種類もあるとわかりました。ボジョレーヌーヴォーのような大衆的なものと高級ワインではあまりにも値段が違います。その違いはどうして生まれるのか、知りたくなったんです。

 



インターネットがない時代でしたし、ワインに関する本などもほとんどありませんでした。なので百聞は一見にしかずだと思い、フランスまで行ってみようと思いました。

平野:ワインの勉強はどのようにされたのですか。

渋谷氏:当時は今のようにソムリエスクールなど、消費者用の勉強の場はなかったんです。教えてくれる人がいるとしたら、酒屋さんとかになります。なので色々な人に話を聞いたり、あとはとにかく有名な生産地を巡り