華道と日本酒──伝統産業に携わる辻雄貴氏と平野晟也氏が考える「日本文化の未来」

華道と日本酒──伝統産業に携わる辻雄貴氏と平野晟也氏が考える「日本文化の未来」

江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜が大政奉還の後、20年ほど居住していた屋敷跡として知られている、静岡県の老舗料亭「浮月楼」。そんな浮月楼の庭園に咲き誇るソメイヨシノ(染井吉野)を極上の空間や料理によって、さらに魅力を引き出し、最上のお花見体験を提供するイベント「春の園遊会 花の宴 染井吉野」が2021年4月7〜10日にかけて開催されました。

私たちForbulは「うまさ」のみを追求した最高品質の日本酒「鷹ノ目」を提供。また空間デザインは、世界で活躍する華道家・辻雄貴氏が担当。“庭が呼応する桜“をテーマに空間を構築し、高さ3mを超える特大の桜のインスタレーションも展示されました。

華道と日本酒──ジャンルは異なりますが、日本の伝統産業に身を置く2人は日本の文化、伝統産業の現状をどのように捉え、そしてどう変えていこうとしているのか。弊社代表の平野晟也が華道家の辻雄貴氏と共に日本の文化、伝統産業について語り合いました。

辻 雄貴氏:1983年 静岡県出身。株式会社辻雄貴空間研究所代表取締役。浮月楼芸術顧問。2013年、フランスにて「世阿弥生誕650年 観阿弥生誕680年記念 フェール城能公演」の舞台美術を手がける。 2015年静岡とフランス、カンヌとの文化交流事「シズオカ×カンヌ×映画祭」では、アーティスティックディレクターに就任。 2016年、ニューヨーク カーネギーホール主催公演にていけばなを披露。カーネギーホール史上初の華道家となった。

地域の課題「自分たちの特異性に気づけていない」

平野:今回、辻さんが演出を手がけられた「花見席」はとても印象的でした。改めて、浮月楼で空間演出をすることになった経緯を教えていただけないでしょうか?

辻:浮月楼のビジョンに共感した、という