一万円超えでも即完売!SNSで話題の日本酒「TAKANOME」のさらなるうまさに酔いしれて

一万円超えでも即完売!SNSで話題の日本酒「TAKANOME」のさらなるうまさに酔いしれて

大量生産、大量消費される画一的な日本酒ではなく、職人が丁寧に作った高品質な日本酒。

さらなる「うまさ」の追求

2019年10月の発売開始以来、SNSを中心に口コミが広がり、急成長中の日本酒ブランド「鷹ノ目」が、さらなる「うまさ」を追求し、「TAKANOME(タカノメ)」へと進化。2021年6月9日(水)21時より発売をスタートさせる。

リニューアルのポイント

「うまさ」とは五感に響く味わいのこと。こだわり抜いた味はもちろん、デザインや空間、料理とのペアリング、器に注ぐ音など、口に運ぶまでを「うまさ」の要素と考え、そのすべての体験を追求。酒質(味わい)の基準を引き上げ、「Fusion」をテーマにしたロゴやパッケージデザインへと刷新した。

南国のフルーツを思わせるほのかな香りが感動を予感。口に入れると優しいパイナップルのような甘みと、爽やかな酸味が広がり、オレンジの皮のような軽やかな苦味が全体をまとめる。 TAKANOME アルコール度数 16% 720ml 15,400 円(税込) 

うまさのための5つのこだわり

1.徹底した原材料へのこだわり

酒米の王様「山田錦」を100%使用。水は自然が濾過した命の水「伏流水」を使用。