TAKANOME
Drag
毎週水曜
21:00販売
送料無料
商品を見る
TAKANOME(鷹の目) メルマガ

登録で販売日をお知らせ

LINEおよびメルマガにて、
鷹ノ目の販売告知や先行販売、
限定商品など、最新情報を
いち早くお届けします。

LINEお友だち登録 メルマガ登録

BAG

(税込)
小計
(税込)
TAKANOME(鷹ノ目)オリジナルショップバッグ

TAKANOME ショップバッグ

¥330
(税込)
合わせて購入する

TAKANOMEのひと

メインビジュアル

COO

小林 太一

時代の恩恵を享受し本当の豊かさを追求する

場所や時間を問わず働けるようになった現代。しかし、ビジネスの集約は東京にあり、現状のギャップが見られます。山梨県北杜市在住の小林さんは、「地方だからこそ得られる恩恵がある。」と話します。

幅広い事業に携わる小林さんの原動力は何か?現代の働き方をどう捉えているか?今回は東京のシェアオフィスで取材させていただきました。

SECTION 01

Forbulに参入されたキッカケを教えてください。

私は山梨県北杜市でライフワークとして地場産業に取り組んでいます。農業・福祉・建設、そして日本酒に重きを置きながら仕事をしています。

Forbulとの出会いは「Lancers(ランサーズ)」でした。経営企画の募集を拝見し、Forbulが掲げるミッションやビジョン、熱意に共感しました。この会社が成長することは日本酒業界や日本全体にとって大きな利益になると思い参入を決めました。

イメージ画像01

SECTION 02

それまでは都市銀行に勤務されていたそうですが

大阪の都市銀行の本店営業部に3年間、その後は農業の経営企画に4年間携わってきました。特に農業については「作物が多く出来てしまった。さてどうする?」といった基本的な部分から始まり、経営企画だけでなく人事や総務、経理や広報まで幅広くサポートしていました。

SECTION 03