新年を華やかに彩るプレゼントキャンペーン 木工家 浦上陽介とのコラボレーション作品を発表

株式会社Forbul(本社:東京都千代⽥区、代表:平野晟也)が運営する⽇本酒ブランド「TAKANOME」は、木工家 浦上陽介氏とのコラボレーション作品を発表いたします。
浦上陽介氏は、 宮城県蔵王町にて制作を行う木工家で、今回はオリジナルの酒杯を9点制作。
作品は、2023年1月25日(水)、2月1日(水)21時からの「TAKANOME / 鷹ノ目」の販売時にお酒をご購入いただいた方の中から、抽選で限定9名様にプレゼントいたします。作品は全て1点ものになります。

 

 

 

 

TAKANOMEは、2019 年「うまさ」のみを追求するという信念を持って誕生した日本酒ブランドです。

創業以来『日本酒を通した、文化の発展への貢献』をブランドの使命と考え、様々な取り組みを行なっています。

木の特徴や表情、仕上げに塗る漆を生かし物作りを行う浦上氏。デザイン性や一見すると木に見えないような不思議な質感が特徴で、他の木工作品には持ち合わせない佇まいを持つ作品は、国内外で人気を博しています。

今回は、伝統的な木工の技術に敬意を持ちながらも、自身を追求し新たな道を切り拓いていく浦上氏と、TAKANOMEのビジョンが大きく重なりコラボレーションが実現しました。

制作した作品は、天然木に近い手触りで、滑らかな印象に仕上げ、内側に銀箔を施しました。高い耐久性を持つカエデの木を使用し、ひび割れや変形が極端に少なく、実用性にも優れた酒杯です。色合いはTAKANOMEのモチーフと同じ黒を採用。ずっしりとした重量感がある色合いはカエデへの色づきが良く、美しい印影を得ることができます。

作品は、1月25日と2月1日の