優れた日本の工芸品は職人達の「手」が見え、「エスプリ(精神)」を感じる | パリ・Galerie Mingei フィリップブーダン氏

優れた日本の工芸品は職人達の「手」が見え、「エスプリ(精神)」を感じる | パリ・Galerie Mingei フィリップブーダン氏

洗練されたショップ、レストラン、ギャラリーが並ぶ、フランス・パリはサン=ジェルマン=デ=プレ地区。セーヌ川沿いの歩道では古本が売られ、印象派の芸術で有名なオルセー美術館や、サンジェルマン大通りにはヘミングウェイをはじめとする作家が通った Flore など、文学ファンを魅了する有名なカフェがある。


そんな歴史的な地域に、竹工芸、煎茶道、茶の湯、能など、「真の日本の精神」を発信するギャラリーGalerie Mingei』はある。
今回は日本の伝統工芸品に特化するGalerie Mingei』を運営している館長に、「日本の伝統工芸」と「アート」をテーマに話を聞いた。

 

────今回はお時間いただきありがとうございます。
早速ですが、フィリップさんの経歴と、パリで日本文化をコンセプトにしたギャラリーをオープンした経緯を教えてください。

フィリップ氏:私の経歴は、ギャラリーオーナーとして凄くユニークです。以前はジャーナリストで、名物記者でした。アジアのほとんど全ての国を訪れ、多くの仕事をしました。その後、NGO団体に所属し、様々な国で人権活動家として活動。ネパールの恵まれない少女たちがインドの売春現場へと人身売買されている現場にも行きました。

フランスに帰国後は、非ヨーロッパ圏(アフリカ、オセアニア、アジア地域)の部族芸術を中心に取り上げている雑誌の編集長を務めていました。
私はその