「打つ。時を打つ。」銅板に命を吹き込む玉川堂の精神 玉川堂・山田 立氏

「打つ。時を打つ。」銅板に命を吹き込む玉川堂の精神 玉川堂・山田 立氏

伝統工芸を絶やさないためには、その魅力を世に伝えていくことも課題となる。

1816年の創業以来、約200年にわたり鎚起(ついき)銅器を継承する『玉川堂』。鎚起銅器