気取らず自由、心惹かれる益子焼 vol.02

気取らず自由、心惹かれる益子焼 vol.02

常識に囚われず、革新を起こし続けてきた一流たちのスピリットを発信し、さらなる『文化の発展に貢献したい』との思いで立ち上がったTAKANOME MAGAZINE。
前編に続き、編集部がひきつけられるものを感じた益子焼作家を訪ねる。

益子の土がもっている素朴さ、そこに作家たちが思い思いに手を加える自由さが魅力の益子焼。全国各地から焼き物作家を目指して人が移り住んできた。そこから2代、3代と代替わりしながら親子で窯を受け継いでいることも多い。

前編でご紹介した鈴木 卓氏も2代目であるが、今回話をうかがった武田敏彦氏もまた、父が益子焼作家という環境で育った。
造形の美しい素地に、布目の技法で表情をつけ、そこに幾何学模様や線模様の赤絵をアクセントに加えているのが武田氏の特徴だ。作品、そして益子焼への思いについて取材した。

前編はこちら

▲ルーシー・リー展で最優秀賞を受賞した作品

石の彫刻から益子焼作家へ

生まれた時から家に窯があり、学校の通学路にも陶器のお店がたくさん並び、お客さんが焼き物を買いに来ているというのが当たり前の風景。自然と焼き物に親しんできた。

「小さい頃のぼり窯の手伝いをしているとき、焼きあがった作品を見る父親がとても誇らしげで。こういうのが良い仕事なんだな、と」

父の背中を見ながら、陶芸家になることが自然なことに思えた。大学時代には石の彫刻を学んでいたが、その間にも、最終的には陶芸をやるんだという気持ちは消えなかった。